検事任官

実務修習は検察修習、裁判修習、弁護修習と滞りなく進み、一年後の春ころに、司法研修所の検察教官から手紙で検事任官を説得された。検察修習時の取調べが評価されたようだった。特に暴力団の傷害事件の身柄案件を配点され、指導検事から私の取調べが「強い」と言われた。今思うと、検事でもない修習生の分際で「強い」取調べをするなんて、なんて不遜なんだと赤面するが、実務修習地の検事正、次席検事、東京の前後期の各検察教官から説得攻勢にあった。確か検事は安月給だったはずだ、ボロ官舎に安月給、それに転勤族ときたら、結婚できないんじゃないかと思ったが、検事正から湯の川温泉での会食に招待され、湯に入って背中を流してあえなく「落ちた」。それまでは、東京でお金持ちの不動産弁護士にでもなろうと思っていたが、検事に任官することにした。

実務修習を通じて、検事の仕事が楽しそうに思えたからだ。一つ一つの証拠を分析吟味し、取調べによって真実を解明していく能動的な仕事は、自分に向いていると思った。公判研修は、裁判修習のときに見学するだけだったが、当時、テレビても報道されていた市会議員が被告人の裁判があって、法廷での三席検事がとにかくカッコ良かった。それに、東京地検特捜部がゼネコン事件で大活躍し、恐れを知らない破竹の勢いだったことへの憧れもあった。

任官を決意した私は、検事正にそのことを直接伝え、大いに歓迎されたが、あとで指導検事から、「中村、なんで俺に先に言わないんだ。俺が鼻高々、勧誘成功を検事正に報告するはずだったのに!」と怒られた。
検察庁は順番を間違えると大変なことになる、と学習した。

「その他」に関連する記事

オウム裁判で番組を証拠採用、NHKが遺憾表明

今日は「マスメディアと司法」に関する記事です。 オウム真理教による3事件で起訴された元教団幹部・平田信まこと被告の初公判で、NHK番組の映像が証拠採用されたことについて、NHKの石田研一放送総局長は22日の定例記者会見で「放送以外の目的での番組使用は ...

READ MORE

初めて会ったクレプトマニア

司法修習生となって、生まれて初めての取調べは緊張した。この方は50歳位の主婦で、過去に4回ほど万引きで警察のお世話になっていて、微罪処分が3回、直近が不起訴処分だった。被害品はいつもお惣菜やお菓子などで、高くてせいぜい1000円くらいのものだった。財 ...

READ MORE

独話形式の供述調書

検事に任官して東京地検に新任検事として赴任し、検察官生活がスタートした。1ヶ月ほど座学の研修があり、副部長をはじめとして先輩大検事の手柄話を散々聞かされた。その後、ようやく実務がスタートし、1ヶ月の捜査実務研修が4班に分かれて行われ、身柄事件の配点が ...

READ MORE

NICDのアルバイトが何故すごいか

NICDでは、十名を超えるアルバイトスタッフがシフト制の下、働いてます。 仕事の内容は、相談電話受付、書類等の裁判所や検察庁へのデリバリー、接客、簡単なリサーチなどです。 この中で、相談電話の受付とその報告が最も重要な仕事で、しかも、将来、法律家とな ...

READ MORE
代表弁護士・元特捜検事 中村 勉
中村 勉 代表弁護士・元特捜検事

長年検事として刑事事件の捜査公判に携わった経験を有する弁護士と,そのスキルと精神を叩き込まれた優秀な複数の若手弁護士らで構成された刑事事件のブティックファームです。刑事事件に特化し,所内に自前の模擬法廷を備え,情状証人対策等も充実した質の高い刑事弁護サービスを提供します。

詳細はこちら
よく読まれている記事
カテゴリー