初めて会ったクレプトマニア

司法修習生となって、生まれて初めての取調べは緊張した。この方は50歳位の主婦で、過去に4回ほど万引きで警察のお世話になっていて、微罪処分が3回、直近が不起訴処分だった。被害品はいつもお惣菜やお菓子などで、高くてせいぜい1000円くらいのものだった。財布を持っていない訳ではなく、お金に困っていた訳でもない。
当時はクレプトマニアなんて言葉はなく(あったかもしれませんが)、繰り返す万引きが病気だなんて思いもしなかった。むしろ司法試験受験知識から「常習犯」→犯罪傾向が著しい、という単純な理解だった。因みに今でも検事・裁判官の中にはこの受験知識の呪縛から抜け出せない人がいる。

司法修習生の私による取調べは順調に進み、客観的な外形的行為は全て認めた。ところが、犯意の聴取で完全にスタックしてしまった。動機を聞こうと「そのときどうして万引きしようと思ったのですか?」と尋ねると、「万引きなんてしようと思ってません」ときた。「でも万引きしましたよね」「万引きなんてしてません」「え?お金を払わないでレジを通らずに店の外に出たじゃないですか」「はい」「だからどうしてお金を払わなかったんですか」「覚えてないんです」「覚えてないって、店に入ったのは覚えてるでしょ?店を出たのも覚えてるでしょ?どうしてレジ通らなかったのを覚えてないの?ほら見て防犯カメラにも映ってるでしょう。」「すみません、もう二度としません」「そうじゃなくて。。」
延々とこの繰り返しだった。指導検事は机の向こう側でニヤニヤしている。
結局、動機も犯意も曖昧な調書しか取れず、次席検事の決裁を受けると、「なんじゃこの調書。全然割れてないじゃない。」と言われた。私はああいう被疑者をどうやったら「割れる」のか不思議に思ったが、検事はちゃんと割っているらしい。
もし万引き被疑者の話を素直にそのままを調書にし、「割れない調書」が司法の場にたくさん溢れていたら、万引きにはクレプトマニアという病気の人もいると司法界はもっと早く気づけたんじゃないかと今は思う。

「その他」に関連する記事

司法試験「5年で3回」を「5年で5回」に緩和

今日は「司法試験制度」に関する記事です。      政府は、司法試験の受験回数制限を現行の「5年で3回」から「5年で5回」に緩和することを柱とした司法試験法改正案を、1月召集の通常国会に提出する方針を固めた。司法試験の合格者数の増加につながりそうだ。 ...

READ MORE

決裁が通らない!

検事に任官して最初の身柄事件であったシンナー事件は、検事として、あるいはより広く法律家として基本中の基本を学んだ事件だった。事案の詳細は忘れてしまったが、二人の若者が深夜路上で紙袋に入れたシンナー瓶を吸ってラリっていたところ、警ら中の警察官に職務質問 ...

READ MORE

NICDのアルバイトが何故すごいか

NICDでは、十名を超えるアルバイトスタッフがシフト制の下、働いてます。 仕事の内容は、相談電話受付、書類等の裁判所や検察庁へのデリバリー、接客、簡単なリサーチなどです。 この中で、相談電話の受付とその報告が最も重要な仕事で、しかも、将来、法律家とな ...

READ MORE

「虚偽契約」で除名処分 第一東京弁護士会

今日は「弁護士の倫理」に関する記事です。 第一東京弁護士会は27日、連帯保証人を調べず、資産があるとの虚偽情報を契約書に添付したとして、M弁護士(51)を懲戒処分で最も重い除名とした。弁護士会の調査に対し、事実関係の未確認は認めた上で「道義的な責任は ...

READ MORE

ベレンコ中尉亡命事件

ベレンコ中尉亡命事件

函館地方検察庁での実務修習が始まったものの、とにかく函館は平和な街で事件が何もない。修習指導検事も、4人もいる修習生に割り当て配点する事件がなくて困っていた。偶に在宅事件が配点されたが、物足りなかった。指導検事自身が、いつも暇そうに「あー事件来ないか ...

READ MORE
代表弁護士・元特捜検事 中村 勉
中村 勉 代表弁護士・元特捜検事

長年検事として刑事事件の捜査公判に携わった経験を有する弁護士と,そのスキルと精神を叩き込まれた優秀な複数の若手弁護士らで構成された刑事事件のブティックファームです。刑事事件に特化し,所内に自前の模擬法廷を備え,情状証人対策等も充実した質の高い刑事弁護サービスを提供します。

詳細はこちら
よく読まれている記事
カテゴリー