函館修習はじまる

苦労して司法試験に合格し、46期司法修習生となって、湯島での研修後に故郷函館で実務修習が始まった。当時は1年半に及ぶ実務修習で、函館に赴任したのは私を含めてたったの4人だった。高く、透き通るような夏空のもと、函館に着任した。高校を卒業してして以来の函館暮らしは、何もかも懐かしく、とても長閑なものだった。港町らしく、遠くに船の汽笛が響き、函館山麓の教会群の鐘の音がそれぞれアンバランスに共鳴するのを聞いていると、高校生の頃の自分に引き戻される。両親も転勤で函館を離れていたので、一人気ままな日々を送るなか、検察修習が始まり、毎朝、路面電車に揺られて検察庁に通った。

検察修習は、捜査実務が中心で、主に取調べと供述調書作成の実務を経験する。検察官でもない司法修習生が取調べという国家権力を行使して良いのかという議論があったが、研修所見解は検察官同席のもとで行われるのであれば、検察官による取調べと同じと考えてよい、とかそんな感じの見解だったかと思う。ノンポリの私は特に疑問に思うこともなかったが、同期修習生の中には取調べ修習を拒否する修習生が何人もいて、前期修習では検察教官に食ってかかるツワモノもいた。当時は、司法試験の倍率は60倍くらいで、合格するのが宝くじに当たるようなものだったにもかかわらず大学を卒業して何年も浪人をするという世界だった。だから元々サラリーマン的な安定思考の者はいなくて、弁護士として在野で食っていくという気概に満ち溢れた個性豊かな人材が集ってきた。因みに修習生の中で、国家権力の権化みたいな検察官に任官を希望するなんていう偏屈者はほとんどいなかった。私もご多分にもれず弁護士志望だった。既に就職先の目処も立っていた。大学の大先輩が所長を務める、東京神田の独禁法に強い中堅事務所に行こうと思っていたのである。検察修習は、敵状視察といったところだった。前期修習の修了式での挨拶で、所長は、「これから皆さんは全国各地の裁判所に配属され、研修に励むことになります。所長の私としては、何百もの虎を野に放つ思いで毎夜眠れません。」と言って、湯島の会堂は笑いに包まれた。良き時代だった。

検察修習で、最初に配点されたのは万引きのオバさんの在宅事件だった。スーパーでお惣菜を万引きし、レジを通らずに店外に出たところを警備員に咎められたという典型的な万引き事件で、犯行を現認されていたので証拠は固く、事件は単純だった。しかし、初めての取調べは単純ではなかった。

「その他」に関連する記事

検事任官

実務修習は検察修習、裁判修習、弁護修習と滞りなく進み、一年後の春ころに、司法研修所の検察教官から手紙で検事任官を説得された。検察修習時の取調べが評価されたようだった。特に暴力団の傷害事件の身柄案件を配点され、指導検事から私の取調べが「強い」と言われた ...

READ MORE

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。 昨年,裁判員裁判がスタートし,その第一号事件で「戦車と竹やり」と評されたように,裁判員裁判では組織力に物を言わせる検察と”家内工業”の弁護士の力の差は歴然としておりますが,「戦車対戦車」を目指して昨年9月に開設し ...

READ MORE

指揮権発動とは

指揮権とは,個々の具体的事件の取り調べや処分に関して,法務大臣が検事総長に対して命令をして従わせる権限をいいます。検察庁法に規定があります。 どうしてこの指揮権というものがあるのかというと,国会の機関には,民主的基盤を有するものと,有しないものがあり ...

READ MORE

函館修習の思い出

 私は,司法試験合格後,46期司法修習生として,2年間のうち1年半を函館で実務修習を受けました。修習明けには検察官に任官して東京地検に配属となったのですが,その新任検事時代,怖い上席検事の口癖が,「中村~!いつまで修習気分でいるんだあー!いつまでも夢 ...

READ MORE

少年非行と芸術

 19世紀後半、パリで活躍した画家モーリス・ユトリロは、モディリアーニや藤田嗣治と同じく、モンマルトル、モンパルスを拠点にボヘミアン的生活をしていたエコールド・パリの画家でした。  ユトリロの幼少期は恵まれませんでした。母親は、自由奔放で、男あさりに ...

READ MORE
代表弁護士・元特捜検事 中村 勉
中村 勉 代表弁護士・元特捜検事

長年検事として刑事事件の捜査公判に携わった経験を有する弁護士と,そのスキルと精神を叩き込まれた優秀な複数の若手弁護士らで構成された刑事事件のブティックファームです。刑事事件に特化し,所内に自前の模擬法廷を備え,情状証人対策等も充実した質の高い刑事弁護サービスを提供します。

詳細はこちら
よく読まれている記事
カテゴリー