押尾学裁判

押尾学被告人の裁判が佳境を迎えつつあります。
報道を見る限りでの感想ですが,次のようなことが言えます。
① 検察官は押尾被告人の事後的な偽装工作からその証言の信用性を弾劾していますが,裁判官・裁判員にかなり効果的だと思います。そこから伺われる保身と無責任さはかなり押尾被告人に不利です。
② 弁護人は,被害者が暴力団関係者との交際があり,独自の薬物入手ルートがあったことを立証しようとしていますが,やや間接的であるばかりか,執拗な被害者に対する攻撃に映ってしまっており,「死人に鞭打ち」を嫌う日本人気質を考えるとむしろマイナス効果を裁判員に与えているような気がします。
③ しかし,一方で,検察は,押尾被告人がMDMAを被害者に渡したとする点の立証については,直接的なものとしては,落ち合う前の「あれ,すぐいる?」という携帯のやりとりくらいなもので,弱いと言えば弱いです。検察はそれを補充するために,押尾被告人の過去の女性関係を立証範囲に据えて,同じように「あれすぐいる?」と以前にも薬物を渡す際に言っていたことを立証しようとしています。
④ 押尾被告人の弁解である「あれすぐいる?」とは,俺の体がすぐに欲しいか,すぐにセックスしたいか,という意味で言ったとの弁解はとても弱いです。信用されないでしょう。
⑤ しかし,もし,押尾被告人が「確かに携帯メールでMDMAの意味で『あれすぐいる?』と聞いたが,実際に会ってみると被害者が自分でMDMAを入手し,事前に用意していたので,自分のMDMAを被害者には渡さずに被害者のものを試しに使ってみた。そうしたら死んでしまった。」と,もしそのように弁解すれば,検察はかなり苦しくなると思います。

「司法制度」に関連する記事

取調べでの誘導は違法か(その2)

【検事,誘導で調書確認】―大阪地検録画 知的障害者に 大阪府警に現住建造物等放火などの容疑で逮捕・送検された男性(29)に知的障害があり,物事をうまく説明できないのに,男性が取り調べで詳細な犯行状況や謝罪の言葉を述べたとする「自白調書」を大阪地検堺支 ...

READ MORE

良い起訴状と変な起訴状

私が検察官であったころ,事件捜査に携わり,証拠を収集して被疑者を起訴していましたが,よく決裁官の指導検事に 「良い起訴状というのは安心だ。一読してなるほどそういう事件かと思わせる起訴状が良い起訴状だ。これは安心して決裁できる。しかし,一読して変な起訴 ...

READ MORE

司法試験「5年で3回」を「5年で5回」に緩和

今日は「司法試験制度」に関する記事です。      政府は、司法試験の受験回数制限を現行の「5年で3回」から「5年で5回」に緩和することを柱とした司法試験法改正案を、1月召集の通常国会に提出する方針を固めた。司法試験の合格者数の増加につながりそうだ。 ...

READ MORE

田中角栄語録と刑事弁護

「今太閤」と呼ばれ,「日本列島改造論」で国家ヴィジョンを大衆に示し,ロッキード事件で訴追されてもなお絶大な権力を握り続けた田中角栄の語録にこんなのがあるらしい。 「人間は,やっぱり出来損ないだ。 みんな失敗する。 その出来損ないの人間を そのまま愛せ ...

READ MORE

国士としての刑事弁護士

検察官は,犯罪を摘発訴追し,刑罰を科して国家の治安を守る。 犯罪者を訴追処罰するという治安維持作用は、専制国家、独裁国家、民主国家に共通する国家作用であり,共通する国家使命である。 しかし、無辜を処罰してはならないという使命は道義国家のみに固有の使命 ...

READ MORE
代表弁護士・元特捜検事 中村 勉
中村 勉 代表弁護士・元特捜検事

長年検事として刑事事件の捜査公判に携わった経験を有する弁護士と,そのスキルと精神を叩き込まれた優秀な複数の若手弁護士らで構成された刑事事件のブティックファームです。刑事事件に特化し,所内に自前の模擬法廷を備え,情状証人対策等も充実した質の高い刑事弁護サービスを提供します。

詳細はこちら
よく読まれている記事
カテゴリー