押尾学裁判

押尾学被告人の裁判が佳境を迎えつつあります。
報道を見る限りでの感想ですが,次のようなことが言えます。
① 検察官は押尾被告人の事後的な偽装工作からその証言の信用性を弾劾していますが,裁判官・裁判員にかなり効果的だと思います。そこから伺われる保身と無責任さはかなり押尾被告人に不利です。
② 弁護人は,被害者が暴力団関係者との交際があり,独自の薬物入手ルートがあったことを立証しようとしていますが,やや間接的であるばかりか,執拗な被害者に対する攻撃に映ってしまっており,「死人に鞭打ち」を嫌う日本人気質を考えるとむしろマイナス効果を裁判員に与えているような気がします。
③ しかし,一方で,検察は,押尾被告人がMDMAを被害者に渡したとする点の立証については,直接的なものとしては,落ち合う前の「あれ,すぐいる?」という携帯のやりとりくらいなもので,弱いと言えば弱いです。検察はそれを補充するために,押尾被告人の過去の女性関係を立証範囲に据えて,同じように「あれすぐいる?」と以前にも薬物を渡す際に言っていたことを立証しようとしています。
④ 押尾被告人の弁解である「あれすぐいる?」とは,俺の体がすぐに欲しいか,すぐにセックスしたいか,という意味で言ったとの弁解はとても弱いです。信用されないでしょう。
⑤ しかし,もし,押尾被告人が「確かに携帯メールでMDMAの意味で『あれすぐいる?』と聞いたが,実際に会ってみると被害者が自分でMDMAを入手し,事前に用意していたので,自分のMDMAを被害者には渡さずに被害者のものを試しに使ってみた。そうしたら死んでしまった。」と,もしそのように弁解すれば,検察はかなり苦しくなると思います。

「司法制度」に関連する記事

我が恩師,渥美東洋先生

渥美東洋先生がご逝去された。 唯一,僕の恩師といえる先生である。 僕は中央大学法学部,渥美東洋先生の刑事訴訟法ゼミ21期生である。 とにかく中央大学で一番入るのが難しいゼミで,かつ,司法試験合格率がとても高いゼミだった。 渥美東洋先生の刑事訴訟法ゼミ ...

READ MORE

確定記録の開示に関する最高裁決定

平成27年10月27日,最高裁第2小法廷で,刑事確定訴訟記録法4条1項ただし書、刑訴法53条1項ただし書にいう「検察庁の事務に支障のあるとき」と関連事件の捜査や公判に不当な影響を及ぼすおそれがある場合に関し,重要な決定が出ました(小貫芳信裁判長)。 ...

READ MORE

「戦車 対 戦車」

平成21年5月,裁判員裁判が始まりました。 それまでの数年間,検察庁は,国家的プロジェクトとして組織的に裁判員裁判対策に取り組んでいました。それに対し,相変わらず個人商店のままの刑事弁護人との闘いは,「戦車 対 竹槍」に例えられる状況にありました。 ...

READ MORE

刑事訴訟法等の一部を改正する法律案が提出!

平成27年3月13日,第189回通常国会において,「刑事訴訟法等の一部を改正する法律案」が提出されました。この法案は,昨年9月に,法制審議会「新時代の刑事司法制度特別部会」が法相に答申し,その後,3月13日に内閣が閣議決定したものです。政府与党は今国 ...

READ MORE

刑事弁護士(Criminal Defense Lawyer)とは

刑事弁護士(Criminal Defense Lawyer)とは何者か。 刑事弁護士が扱う刑事事件は、最後は「和解」でお茶を濁す民事事件とは異なる。 執行猶予か,それとも実刑か。懲役16年か,それとも無罪か。ときには、死刑か,それとも無罪か。 そうし ...

READ MORE
代表弁護士・元特捜検事 中村 勉
中村 勉 代表弁護士・元特捜検事

長年検事として刑事事件の捜査公判に携わった経験を有する弁護士と,そのスキルと精神を叩き込まれた優秀な複数の若手弁護士らで構成された刑事事件のブティックファームです。刑事事件に特化し,所内に自前の模擬法廷を備え,情状証人対策等も充実した質の高い刑事弁護サービスを提供します。

詳細はこちら
よく読まれている記事
カテゴリー