適塾としてのNICDサマーアソシエイト制度

NICDでは,創設以来,サマーアソシエイト制度を実施していて,これまでに確か18人ほどのOBを送り出しています。
4大等の同種制度と違って,研修期間は比較的長く,第1期などは丸々2か月間,最近でも2週間となっています。
しかも,NICDのサマーアソシエイトでは,弁護士志望だけではなく,検事志望,裁判官志望の皆様にも広く門戸を開いています。
現に,これまでOBから3名の検事任官者を出し,各地検で活躍しています。

NICDのポリシーなのですが,「刑事弁護にイデオロギーや党派性はない」という考えを基調にしています。
サマーアソシエイト制度を幕末の私塾に例えるなら,NICDは松下村塾ではなく,適塾です。
松下村塾は吉田松陰先生の水戸学イデオロギーが色濃く反映されていて,出身者はすべて尊王攘夷派から出発しています。
ところが,緒方洪庵先生の適塾は,西洋医学の合理性追及や自由闊達な塾風からバラエティに富んだ人材を輩出し,福沢諭吉や大鳥圭介のような開国派もいれば,大村益次郎のような攘夷主義の長州に与するものも輩出したのです。
NICDサマーアソシエイト私塾も,検事のような官軍も輩出し,それと対峙する新撰組隊士のような刑事弁護士を輩出し,そして,爽やかに法廷で対決させたいものです。

NICDのサマーアソシエイト制度は,もちろん,NICDリクルートの登竜門でありますが,このように,ある種の公共性のある教育機関と考えています。
いつの日か,OBが日本の刑事司法に大きな影響を与えるような,そのような私塾となるよう,夢を描いています。

なお,NICDのサマーアソシエイトは成績優秀な逸材を毎年採用していますが,NICDでアルバイトに従事し,汗を流した忠誠心高い苦労人(?)学生にも一定の採用枠を設けており,これまでアルバイトから2名ほどサマーアソシエイトに採用され,うち,1名は司法試験合格を果たしています。

中村

「司法制度」に関連する記事

小沢氏へ4回目の事情聴取要請

第1検察審査会の「不起訴不当」の議決を受けて,東京地検は,また小沢氏に事情聴取要請をしたと報道されています。 やや,蒸し返し・繰り返しの観があります。 何か新しい証拠が出てくる見通しがないのに捜査を繰り返し,蒸し返すと,刑事手続が圧政の手段になってし ...

READ MORE

公器を思う

私の趣味の一つに就寝前にDVDを見るというものがある。 歴史ものが好きで,これまで織田信長,西郷隆盛,新撰組,大村益次郎などを扱った大河ドラマなどを見たが,就寝前に,しかもベッドに横になって見るのが好きである。 DVDプライヤーは小型のもので,それを ...

READ MORE

高検による監督で冤罪は防げるか

【元厚労局長 起訴は誤り】―最高検 資料改ざんで検証結果 元厚生労働省局長の無罪が確定した郵便料金不正事件や大阪地検特捜部による捜査資料改ざん・隠蔽事件について最高検は24日,検証結果報告書を公表した。元局長の捜査について「逮捕の判断に問題があり,起 ...

READ MORE

国士としての刑事弁護士

検察官は,犯罪を摘発訴追し,刑罰を科して国家の治安を守る。 犯罪者を訴追処罰するという治安維持作用は、専制国家、独裁国家、民主国家に共通する国家作用であり,共通する国家使命である。 しかし、無辜を処罰してはならないという使命は道義国家のみに固有の使命 ...

READ MORE

今年,苦杯を舐めた諸君へ

失敗や浪人を重ねた人間は,その底力が順風満帆の人のそれとは根本的に違います。 西郷隆盛などは二回も島流しにあって,1回目は3年間,2回目は1年半,の合計4年半も島流し・浪人をしていたわけです。 そして,小松帯刀らの働きかけで2回目の島流しから戻ったの ...

READ MORE
代表弁護士・元特捜検事 中村 勉
中村 勉 代表弁護士・元特捜検事

長年検事として刑事事件の捜査公判に携わった経験を有する弁護士と,そのスキルと精神を叩き込まれた優秀な複数の若手弁護士らで構成された刑事事件のブティックファームです。刑事事件に特化し,所内に自前の模擬法廷を備え,情状証人対策等も充実した質の高い刑事弁護サービスを提供します。

詳細はこちら
よく読まれている記事
カテゴリー