資金管理団体

民主党幹事長小沢氏の資金管理団体「陸山会」の土地取引を巡って政治資金収支報告書への虚偽記載が問題となっています。当時,東京地検特捜部は,小沢氏の秘書で会計事務担当であった現民主党衆議院議員石川知裕氏への事情聴取に踏み切りました。

この政治資金規正法というのは分かりにくい法律で,私も自民党北海道第8選挙区支部長当時,資金管理団体を持っていましたので,この法律を詳しく調べたことがあります。

この「資金管理団体」とはなんなんでしょうか?一言でいえば政治家のお財布です。
昭和55年の政治資金規正法改正までは,政治家のお財布の中身は公開しなくても良かったのです。当時,収支が公開対象となっていたのは「政治団体」のみであって,政治家個人の政治資金の収支報告は義務づけられていなかったのです。ところが,昭和51年2月にロッキード事件が発覚し,政治家個人に対する政治資金の公開のあり方が議論されるようになったのです。

そこで,昭和55年改正によって,「指定団体制度」と「保有金制度」が創設されました。立法論としては,政治家個人のお金の出入りをそのまま公開する制度も考えられなくはないですが,公私の別をつけがたく,不可能でした。そこで,もっぱら政治家個人の政治資金を取り扱う団体をひとつだけ「指定」させて,そこに政治家個人への政治資金を入れさせて取り扱うようにし,その団体の収支に関する報告義務を課して政治資金の透明化を図ったのでした。それが,平成6年の政治資金規正法改正において「資金管理団体制度」に発展したのです。

ですから,政治家「個人」が政治献金を受ける際の受け皿は,「資金管理団体」だけであって,政治家は政治献金を受けたときは必ず「資金管理団体」に入れなければならず,それ以外に政治家個人のポケットに入れてはならないのです。

今回の「陸山会」という小沢氏個人の資金管理団体は,団体自らが平成16年に土地取引をし,土地を買っています。資金管理団体の土地取引そのものは平成19年の政治資金規正法改正で禁止されましたが,この取引当時の平成16年には禁止されていませんでしたので,許されるのですが,問題は,土地購入の原資なのです。資金管理団体が主体となって土地取引をするのであれば,当然原資も当該資金管理団体が拠出します。ところが,「陸山会」の収支報告を見ると,原資としてどうしても4億円分がつじつまが合わない,などと報道されています。それで,この4億円は一体どこから出てきたのかが取りざたされているのです。小沢氏側は金融機関からの借り入れによって捻出したと説明しているようですが,融資時期と土地代金支払い時期が整合しないなどと報道されています。そうすると,他に「ポケット」があったのではないか,との疑念が生じてきます。政治家個人は,資金管理団体以外に「ポケット」を持ってはいけないのです。

「事件」に関連する記事

コースター事故での謝罪会見について

【ドーム側 会見で謝罪】 東京ドームシティアトラクションズを管理・運営する東京ドーム(東京都文京区)は30日に記者会見を開き,専務取締役営業本部長が「亡くなられたお客様とご家族におわび申し上げます。原因を究明し,二度と事故が起きないよう努力していく所 ...

READ MORE

亀岡暴走事故を考える

今日は「亀岡事故」について考えてみたいと思います。 京都府亀岡市で昨年4月,集団登校中の児童らが車にはねられ,10人が死傷した事故で,自動車運転過失致死傷と道路交通法違反の罪に問われた少年(19)の控訴審初公判が21日,大阪高裁(森岡安広裁判長)であ ...

READ MORE

偽装献金問題

鳩山総理の偽装献金問題で,東京地検特捜部は,元第一秘書を政治資金規正法違反(虚偽記載)で起訴し,政策秘書および資金管理団体の代表である鳩山総理については,嫌疑不十分として不起訴とする方針を固めたようです。鳩山総理は自らの関与を否定する上申書を提出する ...

READ MORE

外れ馬券代は必要経費か

今日は馬券の話です。 競馬の予想ソフトを使って大量に馬券を購入し,配当で得た約29億円の所得を申告しなかったとして所得税法違反に問われた元会社員の男性(39)に対する判決で,大阪地裁(西田真基裁判長)は23日,男性に懲役2月,執行猶予2年(求刑・懲役 ...

READ MORE
代表弁護士・元特捜検事 中村 勉
中村 勉 代表弁護士・元特捜検事

長年検事として刑事事件の捜査公判に携わった経験を有する弁護士と,そのスキルと精神を叩き込まれた優秀な複数の若手弁護士らで構成された刑事事件のブティックファームです。刑事事件に特化し,所内に自前の模擬法廷を備え,情状証人対策等も充実した質の高い刑事弁護サービスを提供します。

詳細はこちら
よく読まれている記事
カテゴリー