小沢幹事長,不起訴方針?

毎日新聞などが報道していますが,小沢幹事長が不起訴方針のようです。
予想が外れましたね。。。

てっきり明日在宅起訴と思っていました。
というのは,特捜部の動きは起訴に向けての動きだったからです。

はじめから不起訴なら二度の事情聴取なんてしません。

1月31日,二回目の事情聴取をした時点では明らかに「積極」の方向だったと思うのです。

今週の検察首脳会議で上層部が証拠不十分,不起訴との方針に傾いたのでしょう。
それもこれも証拠に照らしての判断ですから,止むを得ません。
石川議員らが小沢幹事長の関与を否認している以上,共犯に問うことはもともと難しいのです。

しかし,こうした見通しが最初から立たなかったのでしょうか?

通常の事件であれば,捜査を尽くして尽くしてその結果,証拠不十分で不起訴ということはよくあることですが,現職の与党幹事長を二度も取調べの椅子に座らせておいて,結果は不起訴ですか。

検察は,政治部門を軽るんじているのではないでしょうか。

「事件」に関連する記事

朝青龍を事情聴取か,警視庁

朝青龍が一般人に暴行を加えたとしてどうやら警視庁が本人事情聴取に動くようです。 一方で,まだ被害届は出ていないようで,示談が成立したとの報道すらあります。 しかし,警視庁は,「社会的影響を考慮して」被害届の有無,示談の成立の有無にかかわらず,本人事情 ...

READ MORE

小沢聴取と検察官認知

東京地検特捜部は,23日土曜日に小沢幹事長の任意の事情聴取を行います。 これはどのような事情聴取なのでしょう。 今回の土地取引問題をめぐる収支報告書の虚偽記載事件は,石川議員や大久保容疑者らが刑事告発されています。 ですから,被告発者であり,被疑者で ...

READ MORE

児童ポルノとCG加工

今日は「児童ポルノとCG加工」のお話です。 コンピューターグラフィックス(CG)で児童ポルノ画像を製造し,インターネットで販売したとして,警視庁は7月11日,岐阜市正木,デザイナーT容疑者(52)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(提供目的製造など)の ...

READ MORE

成年後見制度と弁護士による犯罪

今日は「成年後見制度と弁護士による犯罪」について考えてみます。 成年後見人として管理していた女性の預金4244万円を着服したとして,業務上横領罪に問われた東京弁護士会元副会長の弁護士・M被告(76)に対し,東京地裁は30日,懲役5年(求刑・懲役7年) ...

READ MORE
代表弁護士・元特捜検事 中村 勉
中村 勉 代表弁護士・元特捜検事

長年検事として刑事事件の捜査公判に携わった経験を有する弁護士と,そのスキルと精神を叩き込まれた優秀な複数の若手弁護士らで構成された刑事事件のブティックファームです。刑事事件に特化し,所内に自前の模擬法廷を備え,情状証人対策等も充実した質の高い刑事弁護サービスを提供します。

詳細はこちら
よく読まれている記事
カテゴリー