冤罪はなくならない?

今日,3月26日,宇都宮地裁で,Sさんに無罪が言い渡されました。
冤罪を生む司法の構図を改めて考えてみる必要があると思います。

Sさんの事件は,DNAの正確性が決定的に誤判に作用した事例ですが,やはり,「自白」も大きな誤判の原因でしょう。
この虚偽自白の改善のために,日弁連をはじめとして法曹界・政界では「取調べの可視化」の議論が勢いを増しています。
ただ,あの録音テープを聴いて,「虚偽自白」を強いられていることを見抜ける人がどれだけいるでしょうか?
「やっていません。」という否認に対し,これを「罪を免れたいがための否認」なのか,「本当にやってないがゆえの否認」なのか,見分けるのは難しいのです。これは私の検事経験から言えることです。
この難しさは,たとえこの取調べのやりとりが「録画録音」されていても変わりません。
現に取調べに当たっている検事にとっても難しいのですから。

前にも書きましたが,このSさんの嘘の「自白」の問題性は,実は捜査機関や裁判所に対する「自白」が問題なのではないのです。
「弁護人」に対する「自白」が問題なのです。
弁護人は,依頼者である被疑者が,果たして「罪を免れたいがために否認しているのか」,「本当にやっていないから否認しているのか」の区別の判断の難しさ はそれほど問題となりません。
なぜなら,どっちでもいいのです。無実を主張するなら無罪の弁護方針を打ち立てればいい。
ただ,念のために「罪を免れたいがために否認している」依頼者に対しては,有罪となった場合の「否認」のリスクを説明してあげればいいのです。「反省して いない」として刑は重くなるということを説明すべきでしょう。
その限度で上記の区別は弁護人にとっても関心事です。
問題は,弁護人に対しての「自白」です。
これは弁護人にとって重大関心事です。虚偽の自白ではないのかをしっかりと検証する必要があるのです。

被疑者が弁護人に対しても「虚偽の自白」をする背景にはいろいろあります。
・ 共犯者をかばっている
・ 身代り犯人
・ 捜査官に脅されている
・ 捜査官と弁護士の区別がつかない
・ 弁護士が怖い
・ 投げやりになっている
・ 刑務所志願
などです。しかし,この弁護士に対する「虚偽の自白」の判別は,検事や警察に対する「虚偽の否認」の判別より難しくありません。
弁護人の役割についての十分な説明と,熱心な接見と,信頼関係の樹立によってこの問題は解消できるのです。
Sさんの事件では,それができていませんでした。

このように,私は,冤罪を生む司法の構図として,刑事弁護制度の未熟さ,刑事弁護人の未熟さを指摘したいです。
それは,多くの弁護士が民事専門となり,刑事はやらない風潮,渉外弁護士がカッコよくて刑事弁護士はカッコ悪いという修習生意識,裁判員裁判制度の導入 で,ますます刑事弁護を敬遠する風潮,悪い奴を弁護するとはけしからんという一般市民の誤解や無理解…,このあたりが問題なのではないでしょうか。

この刑事弁護の問題を改善しない限り,冤罪はなくならないと思います。
Sさんは,一審弁護人の努力によって救われるべきでした。
18年余でSさんの冤罪は晴れましたが,18年遅かったです。Sさんの18年はもう取り戻せません。

こうした中で,今回,私は,おそらく平成の大刑事裁判となる,ある重大な冤罪事件の刑事弁護を受任しました。
一審でけりをつけます。しかも裁判員裁判で。


更に詳しく知りたい方は「冤罪事件に巻き込まれてしまったとき」をお読みください。

「刑事弁護」に関連する記事

捜査機関による違法な取調べ

今日は取調べについての話です。 佐賀県弁護士会所属の男性弁護士が28日,佐賀市内で記者会見し,国選弁護人として担当している男性被告について,「佐賀地検の検事が取り調べ中,被告にカッターナイフの刃先を向けた映像が取り調べの録画記録に残されている」などと ...

READ MORE

成年後見制度と弁護士による犯罪

今日は「成年後見制度と弁護士による犯罪」について考えてみます。 成年後見人として管理していた女性の預金4244万円を着服したとして,業務上横領罪に問われた東京弁護士会元副会長の弁護士・M被告(76)に対し,東京地裁は30日,懲役5年(求刑・懲役7年) ...

READ MORE

弁護士としてのやりがい

検事と弁護士の仕事の違いで一番大きなものは何かというと、弁護士は依頼者から報酬をいただくという点だと思う。検事にもある意味「依頼者」はいる。それは、相談を持ちかけてくる警察であったり、被害者であったり、被害者の代理人弁護士であったりする。でも、検事は ...

READ MORE

外れ馬券代は必要経費か

今日は馬券の話です。 競馬の予想ソフトを使って大量に馬券を購入し,配当で得た約29億円の所得を申告しなかったとして所得税法違反に問われた元会社員の男性(39)に対する判決で,大阪地裁(西田真基裁判長)は23日,男性に懲役2月,執行猶予2年(求刑・懲役 ...

READ MORE

刑事弁護士の中の「有罪推定」意識について

足利事件の菅家利和さんが書いた「冤罪 ある日私は犯人にされた」(朝日新聞出版社)を読みました。 この事件は,菅家さんが捜査段階のみならずどうして公判でも最初は犯行を認めていたのか,関心があったので,買って読んでみました。 一審で担当した弁護士は国選で ...

READ MORE
代表弁護士・元特捜検事 中村 勉
中村 勉 代表弁護士・元特捜検事

長年検事として刑事事件の捜査公判に携わった経験を有する弁護士と,そのスキルと精神を叩き込まれた優秀な複数の若手弁護士らで構成された刑事事件のブティックファームです。刑事事件に特化し,所内に自前の模擬法廷を備え,情状証人対策等も充実した質の高い刑事弁護サービスを提供します。

詳細はこちら
よく読まれている記事
カテゴリー