大阪地検特捜部検事が証拠改ざん?

今日の朝日新聞朝刊のスクープで,元厚労省局長の郵便不正事件に関し,大阪地検特捜部の主任検事がFDの最終更新日時を改ざんしていたと報道されました。
信じられないことです。検事調書の「作文問題」とは比較にならないほどのスキャンダルだと思います。FDという「客観的証拠」の改ざん問題だからです。このような客観的証拠を改ざんされたら,何を頼りに裁判をしていいか分からなくなります。裁判が無意味になるのです。検事調書の「作文」も,客観的証拠があればこそ,「作文」であると解明できますが,客観的証拠それ自体が検事によって改ざんされたら何も解明できなくなるのです。
検事の仕事の醍醐味とは,証拠を一つ一つ地道に検証分析して真実に迫る点にあります。その証拠それ自体を自分の好きなように改ざんする検事は,一体何のために検事をやっているのでしょうか?それを検事に聞きたいです。

もう一点,指摘したいのは,この公的証明書のデータの最終更新日時という情報は,何も主任検事だけではなく,この捜査に携わっているすべての検事の関心事です。決裁官たる上司も当然関心を持っている基礎事実です。決裁官たちは,最終更新日時を6月1日と認識していたのでしょうか?それとも6月8日と認識していたのでしょうか?どのような報告をこの主任検事から受けていたのでしょうか?
6月1日と真実が記載されていた捜査報告書が存在し,弁護側に開示されていたようですが,その存在を決裁官は知っていたのでしょうか?分からないことがたくさんあります。

事態は,この主任検事の処分だけではなく,大阪地検特捜部副部長,特捜部長,大阪地検次席検事,大阪地検検事正を含めた組織の綱紀粛正に発展するでしょう。
今回の改ざん報道が事実とすれば,主任検事はもちろん逮捕起訴され,実刑判決となると思います。それほど重大な事件です。検事による暴行事件の比ではありません。最高検による徹底捜査が必要です。

「司法制度」に関連する記事

ピンクパンサー逮捕・送還

銀座の宝石店の強盗傷害事件の容疑者として,国際窃盗団”ピンクパンサー”のメンバーがスペインで身柄を拘束され,日本に送還されました。 スペインと日本との間には犯罪人引渡条約は締結されておらず,外交ルートを通じての送還の実現でした。 実は,日本が現在,犯 ...

READ MORE

良い起訴状と変な起訴状

私が検察官であったころ,事件捜査に携わり,証拠を収集して被疑者を起訴していましたが,よく決裁官の指導検事に 「良い起訴状というのは安心だ。一読してなるほどそういう事件かと思わせる起訴状が良い起訴状だ。これは安心して決裁できる。しかし,一読して変な起訴 ...

READ MORE

法廷で無断録音,ネットで公開

今日は「裁判の公開」について考えてみましょう。 威力業務妨害事件をめぐる大阪地裁の法廷でのやり取りが無断録音され,動画サイト「ユーチューブ」で半年以上にわたり公開されていることがわかった。録音を原則禁じた裁判所法に触れる疑いがあり,地裁は削除を求める ...

READ MORE

南馬込放火殺人事件―判決,そして控訴

主任弁護人として関わっている南馬込放火殺人事件の判決が3月25日,東京地裁刑事12部で言い渡されました。 無罪主張を退け,懲役16年(求刑同20年)という不当な判決で,本日,当然のことながら控訴を申し立てました。 判決理由の中では,証人に立った警察官 ...

READ MORE

現代の魔女裁判

魔女裁判は中世ヨーロッパにだけ存在するものか。 被告人の認識に関する事実認定を考えてみよう。 認識が問題となる密輸事案にあって,被告人の行動や外形的事実から被告人の認識を推認するという手法がとられる。 間接事実から要証事実を推認するという認定手法自体 ...

READ MORE
代表弁護士・元特捜検事 中村 勉
中村 勉 代表弁護士・元特捜検事

長年検事として刑事事件の捜査公判に携わった経験を有する弁護士と,そのスキルと精神を叩き込まれた優秀な複数の若手弁護士らで構成された刑事事件のブティックファームです。刑事事件に特化し,所内に自前の模擬法廷を備え,情状証人対策等も充実した質の高い刑事弁護サービスを提供します。

詳細はこちら
よく読まれている記事
カテゴリー