大阪地検特捜部検事が証拠改ざん?

今日の朝日新聞朝刊のスクープで,元厚労省局長の郵便不正事件に関し,大阪地検特捜部の主任検事がFDの最終更新日時を改ざんしていたと報道されました。
信じられないことです。検事調書の「作文問題」とは比較にならないほどのスキャンダルだと思います。FDという「客観的証拠」の改ざん問題だからです。このような客観的証拠を改ざんされたら,何を頼りに裁判をしていいか分からなくなります。裁判が無意味になるのです。検事調書の「作文」も,客観的証拠があればこそ,「作文」であると解明できますが,客観的証拠それ自体が検事によって改ざんされたら何も解明できなくなるのです。
検事の仕事の醍醐味とは,証拠を一つ一つ地道に検証分析して真実に迫る点にあります。その証拠それ自体を自分の好きなように改ざんする検事は,一体何のために検事をやっているのでしょうか?それを検事に聞きたいです。

もう一点,指摘したいのは,この公的証明書のデータの最終更新日時という情報は,何も主任検事だけではなく,この捜査に携わっているすべての検事の関心事です。決裁官たる上司も当然関心を持っている基礎事実です。決裁官たちは,最終更新日時を6月1日と認識していたのでしょうか?それとも6月8日と認識していたのでしょうか?どのような報告をこの主任検事から受けていたのでしょうか?
6月1日と真実が記載されていた捜査報告書が存在し,弁護側に開示されていたようですが,その存在を決裁官は知っていたのでしょうか?分からないことがたくさんあります。

事態は,この主任検事の処分だけではなく,大阪地検特捜部副部長,特捜部長,大阪地検次席検事,大阪地検検事正を含めた組織の綱紀粛正に発展するでしょう。
今回の改ざん報道が事実とすれば,主任検事はもちろん逮捕起訴され,実刑判決となると思います。それほど重大な事件です。検事による暴行事件の比ではありません。最高検による徹底捜査が必要です。

「司法制度」に関連する記事

法相 性犯罪の罰則見直しを指示

今日は,「性犯罪の法定刑引き上げ」に関する記事です。 松島法務大臣はNHKなどとのインタビューで,性犯罪に対する刑罰について,「法定刑の引き上げを含めた罰則の在り方について早急な検討を指示した」と述べ,罰則の見直しを進める考えを示しました。 この中で ...

READ MORE

「戦車 対 戦車」

平成21年5月,裁判員裁判が始まりました。 それまでの数年間,検察庁は,国家的プロジェクトとして組織的に裁判員裁判対策に取り組んでいました。それに対し,相変わらず個人商店のままの刑事弁護人との闘いは,「戦車 対 竹槍」に例えられる状況にありました。 ...

READ MORE

田中角栄語録と刑事弁護

「今太閤」と呼ばれ,「日本列島改造論」で国家ヴィジョンを大衆に示し,ロッキード事件で訴追されてもなお絶大な権力を握り続けた田中角栄の語録にこんなのがあるらしい。 「人間は,やっぱり出来損ないだ。 みんな失敗する。 その出来損ないの人間を そのまま愛せ ...

READ MORE

我が恩師,渥美東洋先生

渥美東洋先生がご逝去された。 唯一,僕の恩師といえる先生である。 僕は中央大学法学部,渥美東洋先生の刑事訴訟法ゼミ21期生である。 とにかく中央大学で一番入るのが難しいゼミで,かつ,司法試験合格率がとても高いゼミだった。 渥美東洋先生の刑事訴訟法ゼミ ...

READ MORE

尖閣諸島ビデオ映像の流出は罪か

尖閣諸島漁船衝突事件をめぐる映像流出事件で,検察庁や警視庁が捜査を始めました。那覇地検が政治的配慮により容疑者の船長を,半ば超法規的に釈放帰国させた以上,同事件のビデオ映像は,捜査資料という性質を超えて,政治性を帯びてきます。現に,野党を問わず全面公 ...

READ MORE
代表弁護士・元特捜検事 中村 勉
中村 勉 代表弁護士・元特捜検事

長年検事として刑事事件の捜査公判に携わった経験を有する弁護士と,そのスキルと精神を叩き込まれた優秀な複数の若手弁護士らで構成された刑事事件のブティックファームです。刑事事件に特化し,所内に自前の模擬法廷を備え,情状証人対策等も充実した質の高い刑事弁護サービスを提供します。

詳細はこちら
よく読まれている記事
カテゴリー