大阪地検特捜部検事が証拠改ざん?

今日の朝日新聞朝刊のスクープで,元厚労省局長の郵便不正事件に関し,大阪地検特捜部の主任検事がFDの最終更新日時を改ざんしていたと報道されました。
信じられないことです。検事調書の「作文問題」とは比較にならないほどのスキャンダルだと思います。FDという「客観的証拠」の改ざん問題だからです。このような客観的証拠を改ざんされたら,何を頼りに裁判をしていいか分からなくなります。裁判が無意味になるのです。検事調書の「作文」も,客観的証拠があればこそ,「作文」であると解明できますが,客観的証拠それ自体が検事によって改ざんされたら何も解明できなくなるのです。
検事の仕事の醍醐味とは,証拠を一つ一つ地道に検証分析して真実に迫る点にあります。その証拠それ自体を自分の好きなように改ざんする検事は,一体何のために検事をやっているのでしょうか?それを検事に聞きたいです。

もう一点,指摘したいのは,この公的証明書のデータの最終更新日時という情報は,何も主任検事だけではなく,この捜査に携わっているすべての検事の関心事です。決裁官たる上司も当然関心を持っている基礎事実です。決裁官たちは,最終更新日時を6月1日と認識していたのでしょうか?それとも6月8日と認識していたのでしょうか?どのような報告をこの主任検事から受けていたのでしょうか?
6月1日と真実が記載されていた捜査報告書が存在し,弁護側に開示されていたようですが,その存在を決裁官は知っていたのでしょうか?分からないことがたくさんあります。

事態は,この主任検事の処分だけではなく,大阪地検特捜部副部長,特捜部長,大阪地検次席検事,大阪地検検事正を含めた組織の綱紀粛正に発展するでしょう。
今回の改ざん報道が事実とすれば,主任検事はもちろん逮捕起訴され,実刑判決となると思います。それほど重大な事件です。検事による暴行事件の比ではありません。最高検による徹底捜査が必要です。

「司法制度」に関連する記事

ピンクパンサー逮捕・送還

銀座の宝石店の強盗傷害事件の容疑者として,国際窃盗団”ピンクパンサー”のメンバーがスペインで身柄を拘束され,日本に送還されました。 スペインと日本との間には犯罪人引渡条約は締結されておらず,外交ルートを通じての送還の実現でした。 実は,日本が現在,犯 ...

READ MORE

釈放理由としての「日中関係を勘案」

尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件で,那覇地検が容疑者の船長を釈放しました。船長は中国政府チャーター機で本国に凱旋し,ピースサインをして英雄となりました。 とんでもない話ですが,政治問題は置いておいて,釈放根拠を考えましょう。 逮捕後の勾留は最初が10日 ...

READ MORE

職権探知主義と前田元検事の調書採用

小沢一郎民主党元代表の資金管理団体「陸山会」の収支報告をめぐる政治資金規正法違反で,東京地裁の裁判長が職権により前田元検事が作成した被告人大久保隆規の検事調書が証拠採用されました。 刑事裁判の原則は,当事者主義といって,当事者である検事や弁護士が請求 ...

READ MORE

特別公務員職権濫用罪の成否は?

今回のFD改ざん事件について,前田検事が故意を認める供述を始めたとの報道がなされています。 報道を前提にすれば,村木氏の逮捕着手前に既に前田検事はFDの最終更新日が6月1日であったことを知っていながら,これを事件決裁である着手報告の際に上司に報告しな ...

READ MORE

実刑との中間刑「一部執行猶予」3年内に施行へ

皆さん,「7119」ってご存知ですか?事故や病気で救急車を呼ぶかどうか迷っているときに,こちらに電話すると,専門の医療相談員(医師や看護師)が相談に応じてくれます。緊急性が認められた場合に,救急車により搬送してくれるのだとか。本当に救急車が必要な人が ...

READ MORE
代表弁護士・元特捜検事 中村 勉
中村 勉 代表弁護士・元特捜検事

長年検事として刑事事件の捜査公判に携わった経験を有する弁護士と,そのスキルと精神を叩き込まれた優秀な複数の若手弁護士らで構成された刑事事件のブティックファームです。刑事事件に特化し,所内に自前の模擬法廷を備え,情状証人対策等も充実した質の高い刑事弁護サービスを提供します。

詳細はこちら
よく読まれている記事
カテゴリー