パチンコで負けむしゃくしゃ、店に落書きした男

今日は,「建造物等損壊罪」に関する記事です。

警視庁町田署は16日、東京都町田市の会社員の男(35)を器物損壊容疑で現行犯逮捕した。

逃亡や罪証隠滅の可能性がないと判断し、17日夕に釈放、任意で捜査を続け、容疑が固まり次第、建造物損壊容疑に切り替えて書類送検する方針。

同署幹部によると、男は16日午前2時40分頃、同市原町田で、雑居ビル1階の飲食店のシャッターや通路のドアに、スプレー式塗料で意味不明の文字などを落書きした疑い。

飲食店の店員が落書きに気づき、逃げる男を約300メートル追いかけて取り押さえ、同署員に引き渡した。

調べに対し男は容疑を認め、「パチンコで負けたのでむしゃくしゃし、友人と酒を飲んだ後にやった」と話している。スプレー式塗料は、犯行直前に、早朝まで営業している近くの量販店で購入したとしている。

同署は、男の友人で、ともに現場にいた同市内の建設業の男(35)も、落書きを手助けしたとして、建造物損壊容疑で逮捕する方針。繁華街の原町田地区では、商店などへの落書きが絶えず、問題化しており、同署は重点的に捜査していた(2014年2月18日11時55分 読売新聞)。

「他人の建造物又は艦船を損壊した者」(刑法260条)は,建造物等損壊罪で処罰されます。「損壊」とは,建造物・艦船の物理的損壊に限らず,その効用を害する一切の行為が含まれます。建造物等の使用を全く不能にするまでの必要はありません(大判明治43・4・19)。最高裁も,公園の公衆便所の外壁にラッカースプレーで「反戦」と大書した行為につき,「本件建物の外観ないし美観を著しく汚損し,原状回復に相当の困難を生じさせたものというべきであるから」本条の「損壊」に当たるとしています(最決平成18・1・17)。
したがって,本件のように,シャッターやドアなどにスプレーで落書きする行為も,態様によっては,建造物等損壊罪で処罰されることになります。
先月も以下のような同様の事件がありました。

高1、交番にスプレー噴射で1mの落書き…逮捕
札幌市西区の琴似本通交番の外壁がスプレーで落書きされる事件があり、北海道警札幌西署は25日、同市厚別区の高校1年男子生徒(16)を建造物損壊容疑で逮捕したと発表した。

発表では、生徒は24日午前10時頃、同交番の外壁に黒と青色のスプレーを縦約1メートルにわたって噴射した疑い。署員が25日未明、交番付近にいた生徒に職務質問したところ、生徒はリュックの中に黒や青色などのスプレー缶計3本を所持しており、「いらいらして、やった」と話しているという(2014年1月26日19時40分 読売新聞)。

現在,商店街などにおいて,スプレーによる落書きが問題化している地域が少なくありません。ひょっとすると,単なる落書きと,安易な気持ちで行う者が多いのかもしれません。
しかし,本罪は法定刑が「五年以下の懲役」であり,決して軽微な犯罪ではありません。本件のように,単なる落書きでは片づけられない場合があることを,行為者は肝に銘じなければなりません。

「司法制度」に関連する記事

確定記録の開示に関する最高裁決定

平成27年10月27日,最高裁第2小法廷で,刑事確定訴訟記録法4条1項ただし書、刑訴法53条1項ただし書にいう「検察庁の事務に支障のあるとき」と関連事件の捜査や公判に不当な影響を及ぼすおそれがある場合に関し,重要な決定が出ました(小貫芳信裁判長)。 ...

READ MORE

尖閣諸島ビデオ映像の流出は罪か

尖閣諸島漁船衝突事件をめぐる映像流出事件で,検察庁や警視庁が捜査を始めました。那覇地検が政治的配慮により容疑者の船長を,半ば超法規的に釈放帰国させた以上,同事件のビデオ映像は,捜査資料という性質を超えて,政治性を帯びてきます。現に,野党を問わず全面公 ...

READ MORE

「リベンジポルノ」に「懲役3年」 自民、今国会提出目指す

今日は,「リベンジポルノ」に関する記事です。 自民党は9日、元交際相手らの裸の画像などをインターネット上に流出させる「リベンジ(復讐)ポルノ」問題に関する特命委員会を開き、最高「懲役3年以下」の罰則を盛り込んだ新法案の概要をまとめ、了承した。公明党や ...

READ MORE

勾留実務は最高裁決定で変わるか

今日は,「勾留請求の却下と裁判所の姿勢」に関する注目記事です。  逮捕した容疑者について検察が身柄拘束の継続を求める「勾留請求」を裁判所が認めない割合が年々増えている。10年前まで1千件に1件程度だったが、2010年に100件に1件を超え、13年まで ...

READ MORE

示談の利益を奪う千葉地検の事件処理

千葉地検刑事部では,ここ最近,痴漢等の条例違反事件で,送検時の在庁略式罰金処分が目立つ。 在庁略式は,従前,住居不定の者など,のちに出頭確保が困難な者や罰金命令が郵送で届かない者について行われる慣行であった。 それが,千葉地検刑事部では住居のしっかり ...

READ MORE
代表弁護士・元特捜検事 中村 勉
中村 勉 代表弁護士・元特捜検事

長年検事として刑事事件の捜査公判に携わった経験を有する弁護士と,そのスキルと精神を叩き込まれた優秀な複数の若手弁護士らで構成された刑事事件のブティックファームです。刑事事件に特化し,所内に自前の模擬法廷を備え,情状証人対策等も充実した質の高い刑事弁護サービスを提供します。

詳細はこちら
よく読まれている記事
カテゴリー