記録と戯れなさい

事件に出会い、初めて向き合ったとき、この事件はあの事件と似てるなとか、あのときの結末、つまり判決宣告と同じ感じで終わるだろうなとか、こういった思いに直ぐに縛られてしまうものです。それは弁護士として経験を積んでいればいるほど、自ら進んで「経験」という名の牢獄の囚われの身に陥ってしまうのです。
事務所で、若い弁護士の相談を何気なく聞いていても、実にテキパキと、立板に水を流すように、相談者が巻き込まれた事件の「解説」をし、見通しを堂々と開陳し、相談者から「この弁護士は何でも知っていて実に頼り甲斐がある」と感じさせています。
ただ、初めて事件に向き合ったとき、こういう「経験」から事件に入っていく弁護士は、その経験以上の能力を発揮できず、事件の本質を掴むことも、本当の意味でのクライアント満足も導くことはできません。「経験」「雄弁」「自信」は、時に真相発見にとって最大の障害物になるのです。
私がA庁つまり検事任官4年目で、大阪地検公判部にいたとき、単純な営利目的の薬物事件を担当したときの話です。相手の弁護士は弁護士なりたての新米弁護士でした。まだ登録して2か月くらいの弁護士だったと思います。
被告人は、捜査段階から営利目的を否認し、単純所持を主張していましたが、公判を担当した私は、注射器が200本くらい発見押収されていて、薬物の量も多かったので、「何を無駄な抵抗しているのかしら」「営利目的、当然じゃん」と高をくくっていたのです。要するに、私の「経験上」営利目的は優に立つと考え、公判に臨みました。
罪状認否で被告人は営利目的をやはり否認したものの、その新米弁護士は、検察官請求証拠を全部同意したのです。なんとやる気のない新米弁護士であることか、やはり経験が足りないなと思ったのでした。
ところが、一回結審の裁判で、被告人質問はいつもの否認供述だったのですが、結審後の弁護人の弁論を聞くうちに、私は不安が広がっていき、次第に血の気が引いていくのを感じたのです。
そして、判決の日。何と営利目的が飛んでしまったのです。単純所持で、求刑の半分にも満たない判決でした。検察官請求証拠が全部裁判官に提出できたのに!です。
その後、公判検事の私と捜査検事が、ガン首揃えて、検事正や次席検事に怒られたのは言うまでもありません。
今思えば、私も「4年の経験」に慢心していたのだと思います。
初めて事件に出会ったときは、とにかく経験値を封印し、遠くから記録を眺めたり、時には記録を横に立ててみてしゃがんでその様子を見たり、あるいは、その記録を枕にして瞑想することをお勧めします。あーでもない、こーでもないと、自分が3人くらいいて色々な角度から事件と対話し、記録と戯れることがとても重要だと思うのです。

「事件」に関連する記事

亀岡暴走事故を考える

今日は「亀岡事故」について考えてみたいと思います。 京都府亀岡市で昨年4月,集団登校中の児童らが車にはねられ,10人が死傷した事故で,自動車運転過失致死傷と道路交通法違反の罪に問われた少年(19)の控訴審初公判が21日,大阪高裁(森岡安広裁判長)であ ...

READ MORE

小沢幹事長,再聴取

小沢幹事長が東京地検特捜部の再聴取を受けました。 1月31日(日曜日)に都内ホテルで約3時間にわたって聴取を受けたとのことです。 これは何を意味するか。 「固めの聴取」と「追求型の聴取」があります。 前回の1月23日実施の事情聴取では,約4時間半にわ ...

READ MORE

朝青龍を事情聴取か,警視庁

朝青龍が一般人に暴行を加えたとしてどうやら警視庁が本人事情聴取に動くようです。 一方で,まだ被害届は出ていないようで,示談が成立したとの報道すらあります。 しかし,警視庁は,「社会的影響を考慮して」被害届の有無,示談の成立の有無にかかわらず,本人事情 ...

READ MORE

保釈条件に注目!

石川議員,大久保秘書,池田秘書の3名が保釈を許可されました。 東京地検は罪証隠滅を理由に反対したものの,保釈決定がなされ,地検は特に準抗告をしなかった模様です。 この東京地裁(14部)の保釈決定の中で付された保釈条件がおもしろいです。 報道によると, ...

READ MORE
代表弁護士・元特捜検事 中村 勉
中村 勉 代表弁護士・元特捜検事

長年検事として刑事事件の捜査公判に携わった経験を有する弁護士と,そのスキルと精神を叩き込まれた優秀な複数の若手弁護士らで構成された刑事事件のブティックファームです。刑事事件に特化し,所内に自前の模擬法廷を備え,情状証人対策等も充実した質の高い刑事弁護サービスを提供します。

詳細はこちら
よく読まれている記事
カテゴリー