朝青龍を事情聴取か,警視庁

朝青龍が一般人に暴行を加えたとしてどうやら警視庁が本人事情聴取に動くようです。
一方で,まだ被害届は出ていないようで,示談が成立したとの報道すらあります。
しかし,警視庁は,「社会的影響を考慮して」被害届の有無,示談の成立の有無にかかわらず,本人事情聴取をするようです。
警察って,被害届も出ていないのに,本人から事情聴取するなんてことあるの?
警視庁は,朝青龍が有名人で,今回の暴行も悪質だとして,重大事案と考えて,一般人と異なった扱いをして朝青龍を厳罰に処すつもり?

前にもこのブログで書きましたが,警察が捜査を開始するきっかけのことを「捜査の端緒」と言います。
捜査の端緒には,告訴告発,被害届,自首,検視,職務質問などがありますが,「通報」も捜査の端緒です。
たとえば,110番通報で警察が犯罪を認知すれば,現場に臨場するなど捜査を開始します。この時点ではもちろん,被害届は提出されていません。つまり,被害届は捜査の開始条件ではないのです。

朝青龍の事件でも,被害者の男性が1月16日に交通事件処理をしていた麻布署員に暴行被害を申告しています。つまり,この時点で「通報」があったのであり,警察官は事件を認知しました。
ですから,被害届が出ていなくても,捜査を開始できます。

では,こんな例ではどうでしょう?
顔が腫れたサラリーマン風の男が警察署に相談に来ました。「上司に昨日殴られた。絶対訴えてやる。」などと言っています。そこで,事情を聴いてみたのですが,聴いているうちに,その男の気が変わり,「やっぱり被害届を出すのを止めます。自分も会社を首になるかもしれないし。ですから上司には警察から連絡しないで下さい。」と。

この場合,おそらく警察官は,その男に本当に被害届提出の意思がないことを確認し,その旨の上申書などを念のために提出させた上で,帰ってもらい,特に加害者とされた上司に連絡などせずに,報告文書に経過をまとめるだけで済ませるかもしれません。

結局,こういうことです。
事件が起きたら早く証拠保全しなければなりません。
証拠が散逸しないうちに保全を図り,関係者の記憶が薄れないうちに事情聴取をしなければなりません。
一方で,上記の会社内のトラブルの例や,家族間の喧嘩で相談に来た例や,非常に軽微な犯罪の例において,将来,被害届が出されて事件として立件される可能性の低いものまで,すべて一から十まで必要な捜査を貫徹するのは捜査経済に反します。
将来,被害届の正式提出などによって正式に事件化されるか否かの見極めが大事なのです。

そういう意味では,今回の朝青龍のように,有名人が加害者の場合の事件は注意が必要です。
というのは,有名人が加害者の場合,事件当初は「謝れば赦す。被害届を出さない。」としていた被害者が,一年後になって,「やっぱり赦せない。」とか,「示談金が足りなかった」などと言って,被害届を改めて出したり,告訴してくるケースが散見されるからです。その動機は,有名人だからお金がもっと取れるはずだ,というものであったり,自分に謝りもしないでテレビで脚光を浴びているのが気に入らない,というものであったり様々なものがあり得ます。
有名人が加害者だと,後々,新たな展開に発展することもありうるのです。
そのような場合に,警察が,
「前に被害届を出さないって言ったから捜査していない。」
「示談できたというので,それ以上捜査していない。」
「朝青龍からも事情を聴いていない。もうモンゴルに帰っちゃったから事情は聞けない。」
などということになると,やはり,捜査が杜撰だとか,有名人だから見逃したなどといった批判を受ける可能性が大きいのです。

ですから,このような有名人の場合には,そのようなことがないように,被害届が出ていなくても事件を認知している以上,本人事情聴取も含めて捜査を進めて事実関係を明らかにしておこうという動きになるのです。

つまり,警視庁は今回の傷害事件が「重大犯罪である」と考えて動き出しているのではなく,また,「朝青龍がけしからん」と思って本人事情聴取を考えているわけでもなく,もちろん,「逮捕しよう」と思っているわけでもなく,ただ単に,後になって禍根を残すようなことにならないように,事実関係をきちんと保全しておこうという考えで動いているのです。

その意味で,警視庁が言っている「社会的影響を考慮して」ということの意味は,
有名人なので報道が大きくなる可能性がある,
有名人なので社会的関心が高まる可能性がある,
有名人なので長く引きずる可能性がある,
有名人なので事件報道が蒸し返される可能性がある,
ことなどを考慮して,
事件発生の早期の時点で,関係者から事情聴取をきちんと行い,証拠保全をしておく,というニュアンスと思われます。

「事件」に関連する記事

外れ馬券代は必要経費か

今日は馬券の話です。 競馬の予想ソフトを使って大量に馬券を購入し,配当で得た約29億円の所得を申告しなかったとして所得税法違反に問われた元会社員の男性(39)に対する判決で,大阪地裁(西田真基裁判長)は23日,男性に懲役2月,執行猶予2年(求刑・懲役 ...

READ MORE

成年後見制度と弁護士による犯罪

今日は「成年後見制度と弁護士による犯罪」について考えてみます。 成年後見人として管理していた女性の預金4244万円を着服したとして,業務上横領罪に問われた東京弁護士会元副会長の弁護士・M被告(76)に対し,東京地裁は30日,懲役5年(求刑・懲役7年) ...

READ MORE

小沢幹事長,再聴取

小沢幹事長が東京地検特捜部の再聴取を受けました。 1月31日(日曜日)に都内ホテルで約3時間にわたって聴取を受けたとのことです。 これは何を意味するか。 「固めの聴取」と「追求型の聴取」があります。 前回の1月23日実施の事情聴取では,約4時間半にわ ...

READ MORE

小沢氏捜査で「不起訴不当」議決

小沢氏の収支報告書の虚偽記載問題で,第1検察審査会は,07年分について不起訴とした東京地検の判断に関し,「不起訴不当」と議決しました。 既に,04年分と05年分については,第5検察審査会が「起訴相当」との議決を出し,これを受けて再捜査をした東京地検が ...

READ MORE

資金管理団体

民主党幹事長小沢氏の資金管理団体「陸山会」の土地取引を巡って政治資金収支報告書への虚偽記載が問題となっています。当時,東京地検特捜部は,小沢氏の秘書で会計事務担当であった現民主党衆議院議員石川知裕氏への事情聴取に踏み切りました。 この政治資金規正法と ...

READ MORE
代表弁護士・元特捜検事 中村 勉
中村 勉 代表弁護士・元特捜検事

長年検事として刑事事件の捜査公判に携わった経験を有する弁護士と,そのスキルと精神を叩き込まれた優秀な複数の若手弁護士らで構成された刑事事件のブティックファームです。刑事事件に特化し,所内に自前の模擬法廷を備え,情状証人対策等も充実した質の高い刑事弁護サービスを提供します。

詳細はこちら
よく読まれている記事
カテゴリー