のりピー逮捕

のりピーこと酒井法子さんが逮捕されました。

容疑は覚せい剤所持。尿検査で覚せい剤反応が出れば覚せい剤使用でも起訴されます。
昨夜の逮捕ですから、48時間以内である明日10日月曜日の午前一番に東京地検に送検されます。
そして、午後には東京地裁で勾留質問を受け、10日間の勾留決定がなされるでしょう。10日間の満期は8月19日ですが、使用も含めて捜査継続の必要性があるので、勾留延長が認められ、8月29日土曜日が満期となります。しかし、土日には起訴しないので、容疑が固まれば、金曜日の8月28日に彼女は覚せい剤所持及び使用罪で起訴されるはずです。ですから、保釈で彼女が出てくるのは、早くても週明けの月曜日である8月31日となるはずです。通常、所持で逮捕して、使用で再逮捕ということはないです。20日間の中で両方の捜査を遂げるでしょう。

公判はおそらく10月でしょうね。判決も10月中には出ると思います。執行猶予付判決でしょう。懲役1年6月~2年、執行猶予3年といったところでしょうか。情状証人がいるのか心配です。

刑事専門弁護士としては、尿検査で反応がなかった場合、吸引器の唾液のDNAの一致という証拠をもって使用罪で起訴するかどうかが興味があります。また、逮捕状が出ていることを知って彼女を匿っていた者がいた場合、犯人蔵匿罪が成立しますから、この方面の捜査も気になります。

それにしても、とても残念な事件です。
判決が出て、執行猶予となって、それからです。彼女の本当の試練は。
おそらく初めての挫折で、かつ、致命的なスキャンダルでしょう。
でも、立ち向かうのです。
人間は苦境から逃げようとすると苦しみは倍になりますが、しっかりと受け止めて立ち向かっていけば苦しみは半減します。そういうものです。10歳のかけがえのないお子さんがいらっしゃるのですから、死んだ気になって一からやり直せるはずです。

「刑事弁護」に関連する記事

冤罪はなくならない?

今日,3月26日,宇都宮地裁で,Sさんに無罪が言い渡されました。 冤罪を生む司法の構図を改めて考えてみる必要があると思います。 Sさんの事件は,DNAの正確性が決定的に誤判に作用した事例ですが,やはり,「自白」も大きな誤判の原因でしょう。 この虚偽自 ...

READ MORE

弁護士としてのやりがい

検事と弁護士の仕事の違いで一番大きなものは何かというと、弁護士は依頼者から報酬をいただくという点だと思う。検事にもある意味「依頼者」はいる。それは、相談を持ちかけてくる警察であったり、被害者であったり、被害者の代理人弁護士であったりする。でも、検事は ...

READ MORE

東京志向に思う

後藤貞人先生,下村忠利先生,秋田真志先生,鈴木一郎先生,亀石倫子先生。。。 大阪には名だたる大物スター刑事弁護士がいるのに,どうして東京の事務所で刑事弁護のサマーアソシエイトを受けたいと思うかなあ? 皆さん,東京が好きなんですね。刑事弁護なら大阪なの ...

READ MORE

被害者救済と加害者のしょく罪

次のような記事がありました。 不要になった本を寄付してもらい、本来の買い取り額を犯罪被害者やその家族への支援金に充てる取り組みが進んでいる。 「本(ホン)」で「輪(リング)を広げよう」との意味を込めて「ホンデリング」と名付けたこの活動は、スタートから ...

READ MORE
代表弁護士・元特捜検事 中村 勉
中村 勉 代表弁護士・元特捜検事

長年検事として刑事事件の捜査公判に携わった経験を有する弁護士と,そのスキルと精神を叩き込まれた優秀な複数の若手弁護士らで構成された刑事事件のブティックファームです。刑事事件に特化し,所内に自前の模擬法廷を備え,情状証人対策等も充実した質の高い刑事弁護サービスを提供します。

詳細はこちら
よく読まれている記事
カテゴリー