法律を勉強していたセザンヌ

 近代絵画の父と言われるセザンヌは、南フランスのエクス・アン・プロバンスに生まれ、中等学校時代にはデッサンスクールに通い、絵を描くのが大好きな少年でした。
 しかし、厳格な銀行経営家の父親の影響もあってエクス大学の法学部に入学し、法律家を目指しました。それでもやはり芸術の道は捨てがたく悩んでいたころ、中等学校時代からの親友に「絵の具のついた法服で法廷に出るな。」と言われ、キッパリ大学を中退して法曹を諦めました。その親友こそが、フランスの大文豪エミール・ゾラなのです。
 学校時代にこんなエピソードがあります。実はゾラはイタリア系で、しかもパリからの転校生でした。日本もフランスも同じで、ゾラは直ぐにイジメのターゲットになりました。そんな彼を救い、守ったのがセザンヌだったのです。ゾラはセザンヌの優しさへのお礼として、セザンヌの家まで来て籠一杯のリンゴを贈りました。
 成人してからはゾラの方がいち早く有名な小説家となり、セザンヌは印象派に参加したものの、どちらかというと泣かず飛ばすでした。その嫉妬もあってか、セザンヌはゾラと仲違いとなり、交友関係は終わりました。
 でも、セザンヌのゾラへの友情は変わらず、昔リンゴを貰ったことを思い出し、リンゴの絵を何枚も描いたのでした。それが、この素晴らしい有名な絵なのです。
 最近、映画「セザンヌと過ごした時間」を見て、セザンヌのことを思い出しました。

「その他」に関連する記事

年頭にあたって(平成31年)

NICDの諸君へ 新年あけましておめでとうございます。 今年はNICD創立10周年の節目の年です。名古屋事務所もスタートします。世の中も変わるでしょう。新天皇陛下が即位し,元号も変わります。それでもNICDの弁護士そしてスタッフとして心掛けるべきこと ...

READ MORE

ベレンコ中尉亡命事件

ベレンコ中尉亡命事件

函館地方検察庁での実務修習が始まったものの、とにかく函館は平和な街で事件が何もない。修習指導検事も、4人もいる修習生に割り当て配点する事件がなくて困っていた。偶に在宅事件が配点されたが、物足りなかった。指導検事自身が、いつも暇そうに「あー事件来ないか ...

READ MORE

NICDのアルバイトが何故すごいか

NICDでは、十名を超えるアルバイトスタッフがシフト制の下、働いてます。 仕事の内容は、相談電話受付、書類等の裁判所や検察庁へのデリバリー、接客、簡単なリサーチなどです。 この中で、相談電話の受付とその報告が最も重要な仕事で、しかも、将来、法律家とな ...

READ MORE

自傷行為と画家

 自ら耳をそり落としたことで有名な画家は、みなさんご存知のフィンセント・ファン・ゴッホです。自傷行為は刑法的には被害者自身の同意があるので犯罪は成立しないのですが、昔、学生の頃、刺青は自傷行為だけど公序良俗に反するから違法だ、いや、違法合法に社会的規 ...

READ MORE

少年非行と芸術

 19世紀後半、パリで活躍した画家モーリス・ユトリロは、モディリアーニや藤田嗣治と同じく、モンマルトル、モンパルスを拠点にボヘミアン的生活をしていたエコールド・パリの画家でした。  ユトリロの幼少期は恵まれませんでした。母親は、自由奔放で、男あさりに ...

READ MORE
代表弁護士・元特捜検事 中村 勉
中村 勉 代表弁護士・元特捜検事

長年検事として刑事事件の捜査公判に携わった経験を有する弁護士と,そのスキルと精神を叩き込まれた優秀な複数の若手弁護士らで構成された刑事事件のブティックファームです。刑事事件に特化し,所内に自前の模擬法廷を備え,情状証人対策等も充実した質の高い刑事弁護サービスを提供します。

詳細はこちら
よく読まれている記事
カテゴリー