法学部出身の芸術家

 法律家なら誰しもその名前を知っている「団藤重光」という刑法学者は、戦前から東大法学部で教鞭をとっていて、元々は刑法ではなく、刑事訴訟法学者でした。
 ドイツ刑事訴訟を継承し、戦前の職権主義刑事訴訟法の理論化を推し進めた若き学者でしたが、とにかく京大の瀧川事件に象徴されるように、学問の自由に対する官憲の抑圧が厳しかった世の中であったので、団藤教授は、左翼右翼といった価値観を可能な限り排除した純粋客観の理論構築を一貫して追求した学者でした。それが刑事訴訟構造における「動態的訴訟理論」でした。それこそ、当時の司法試験、つまり高文試験で、受験生なら皆んな基本書として勉強していたのです。
 そろそろ、芸術家の話に移りますと、戦前に、その、徹底した純客観理論に基づいた授業を東大で展開していた中で、目を輝かして必死にノートをとっていた学生がいました。もちろん、100人ほどの学生で埋まる大講義室で、そんな、真剣に自分の講義を聞いている一学生に、団藤教授は気付きませんでした。
 団藤先生がその学生に初めて気づいたのは、東大の教師として、学生の手紙を検閲していたときでした。当時、つまり戦前は、大学の教師が軍事教練を仕切ったり、学生の手紙を検閲するのが仕事の一つでした。団藤先生は、検閲している中で、素晴らしい文章力で作家佐藤春夫と文通していた学生がいたのを発見したのです。団藤先生は、この学生は一体誰かと調べてみると、「平岡公威」つまり三島由紀夫だったのです。その三島由紀夫の随筆に「法律と文学」というのがあり、団藤刑事訴訟法について実に面白いことを書いているのです。その詳細は、皆さん読んで欲しいのですが、要約すると、「まだシャキシャキだった団藤先生が実に面白い訴訟論を展開し、まるで先の見えないレールに被告人が乗せられて、被告人が悪人かどうかなどお構いなしに訴訟が客観的に進んでいき、どこに辿り着くのか全く分からない、そこが実に面白かった。私が一番嫌いなのは、結果が最初から決まっている推理小説なのです。」などと記しているのです。
 法学部出身の芸術家は世界を見渡してもほとんどいません。三島由紀夫は貴重な法学芸術家なのです。

「刑事司法」に関連する記事

自由は奪えても美は奪えない

 古代ギリシャに、気品があり、美貌の高級娼婦「フリュネ」がいました。アテナイの高官を愛人に持ち、高額の報酬を得ていたフリュネは、やがて、フリュネに袖にされたモテない?実力者たちの反感を買い、不敬罪(神を冒涜する罪)で訴えられてしまいます。  古代ギリ ...

READ MORE

少年事件の刑の厳罰化に思う

今日は少年に対する刑罰についての話です。 茨城県稲敷市の利根川河川敷で昨年9月,同市光葉,無職湯原智明さん(当時20歳)を集団暴行で死亡させたとの傷害致死罪などに問われた同市の無職少年(18)の裁判員裁判で,水戸地裁は27日,懲役5年以上8年以下(求 ...

READ MORE

更生保護システム

今日は「更生保護」について取り上げます。 法務省は25日までに,万引きや無銭飲食など比較的軽い罪で起訴猶予処分が見込まれる容疑者に保護観察官が面談し,社会復帰を支援する取り組みを,全国7カ所の保護観察所で10月から試行すると発表した。 7カ所は仙台, ...

READ MORE

刑罰と最新科学

【性犯罪前歴者にGPS】― 携帯義務付け 宮城県が条例検討 宮城県は22日,性犯罪の前歴者やドメスティックバイオレンス(DV)の加害者に対して,行動を警察が監視できるように全地球測位システム(GPS)の常時携帯を義務付ける条例設定の検討に入ったことを ...

READ MORE

取り調べ可視化、全事件で実施を 民間5委員が意見書

今日は,「取り調べの可視化」に関する記事です。 刑事司法の見直しを検討している法制審議会(法相の諮問機関)特別部会の7日の会合で、民間委員6人のうち5人が、試行段階にある取り調べの録音・録画(可視化)に関し、対象を原則として全事件に広げることを求める ...

READ MORE
代表弁護士・元特捜検事 中村 勉
中村 勉 代表弁護士・元特捜検事

長年検事として刑事事件の捜査公判に携わった経験を有する弁護士と,そのスキルと精神を叩き込まれた優秀な複数の若手弁護士らで構成された刑事事件のブティックファームです。刑事事件に特化し,所内に自前の模擬法廷を備え,情状証人対策等も充実した質の高い刑事弁護サービスを提供します。

詳細はこちら
よく読まれている記事
カテゴリー