法学部出身の芸術家

 法律家なら誰しもその名前を知っている「団藤重光」という刑法学者は、戦前から東大法学部で教鞭をとっていて、元々は刑法ではなく、刑事訴訟法学者でした。
 ドイツ刑事訴訟を継承し、戦前の職権主義刑事訴訟法の理論化を推し進めた若き学者でしたが、とにかく京大の瀧川事件に象徴されるように、学問の自由に対する官憲の抑圧が厳しかった世の中であったので、団藤教授は、左翼右翼といった価値観を可能な限り排除した純粋客観の理論構築を一貫して追求した学者でした。それが刑事訴訟構造における「動態的訴訟理論」でした。それこそ、当時の司法試験、つまり高文試験で、受験生なら皆んな基本書として勉強していたのです。
 そろそろ、芸術家の話に移りますと、戦前に、その、徹底した純客観理論に基づいた授業を東大で展開していた中で、目を輝かして必死にノートをとっていた学生がいました。もちろん、100人ほどの学生で埋まる大講義室で、そんな、真剣に自分の講義を聞いている一学生に、団藤教授は気付きませんでした。
 団藤先生がその学生に初めて気づいたのは、東大の教師として、学生の手紙を検閲していたときでした。当時、つまり戦前は、大学の教師が軍事教練を仕切ったり、学生の手紙を検閲するのが仕事の一つでした。団藤先生は、検閲している中で、素晴らしい文章力で作家佐藤春夫と文通していた学生がいたのを発見したのです。団藤先生は、この学生は一体誰かと調べてみると、「平岡公威」つまり三島由紀夫だったのです。その三島由紀夫の随筆に「法律と文学」というのがあり、団藤刑事訴訟法について実に面白いことを書いているのです。その詳細は、皆さん読んで欲しいのですが、要約すると、「まだシャキシャキだった団藤先生が実に面白い訴訟論を展開し、まるで先の見えないレールに被告人が乗せられて、被告人が悪人かどうかなどお構いなしに訴訟が客観的に進んでいき、どこに辿り着くのか全く分からない、そこが実に面白かった。私が一番嫌いなのは、結果が最初から決まっている推理小説なのです。」などと記しているのです。
 法学部出身の芸術家は世界を見渡してもほとんどいません。三島由紀夫は貴重な法学芸術家なのです。

「刑事司法」に関連する記事

事件と無関係の女性宅を間違って捜索…大阪府警

今日もまた「大阪府警」のお話です。 大阪府警生活環境課が6月,同府豊能町の山林を無許可で切り開いたとして森林法違反容疑などで町内の建築会社などの強制捜査に着手した際,事件とは無関係の女性(73)宅を捜索していたことがわかった。 法人登記簿に記載の同社 ...

READ MORE

ネットなりすまし痴漢事件

今日は「インターネット掲示板でのなりすまし事件」について考えてみます。 女性になりすましインターネットの掲示板で痴漢を呼び掛けたとして,和歌山区検は29日,大阪国税局海南税務署員,I容疑者を県迷惑防止条例違反(卑わいな行為)で略式起訴した。和歌山簡裁 ...

READ MORE

元警部補が証拠捏造…無関係の注射器を自ら調達

こんにちは。東日本大震災から2年と3カ月が過ぎました。しかし,被災地の住居問題,原発問題,雇用問題など,いまだに問題は山積しています。人間が持つ優れた能力の一つは,「忘れること」ですが,震災の記憶や被災地の現状だけは,風化させることなく,いつまでも私 ...

READ MORE

低額すぎる刑事補償と裁判所の厳格な証拠評価

今日はある窃盗事件の無罪判決の話です。 長野県塩尻市のコインランドリーで昨年2月,女性の下着を盗んだとして窃盗罪に問われた男性(39)の無罪確定に関連し,刑事補償法に基づき,拘束日数に応じた補償金166万2500円が24日,男性に支払われた。 補償の ...

READ MORE

個人の刑事責任,厳密判断 漁船の航跡,疑問残れば被告有利に

こんにちは。先日のブログでは,梅雨なのに雨がなかなか降らないなんて話しておりましたが,ようやく雨が降りましたね。これでやっと季節の移り変わりを,肌で感じることができそうです。梅雨といえば,紫陽花。紫陽花ほど雨が似合う花もありませんよね。曇天の薄暗い街 ...

READ MORE
代表弁護士・元特捜検事 中村 勉
中村 勉 代表弁護士・元特捜検事

長年検事として刑事事件の捜査公判に携わった経験を有する弁護士と,そのスキルと精神を叩き込まれた優秀な複数の若手弁護士らで構成された刑事事件のブティックファームです。刑事事件に特化し,所内に自前の模擬法廷を備え,情状証人対策等も充実した質の高い刑事弁護サービスを提供します。

詳細はこちら
よく読まれている記事
カテゴリー