木を見て森を見ず

 刑事事件を見るとき、その細部にとらわれてはならず、全体の大幹を見なければならないとは、修習生のころから検察教官に口酸っぱく言われてきたことでした。
 右手で殴ったか、左手か、手の平で触ったか手の甲か、握った包丁は順手か逆手かなど、精密司法の伝統ある日本の司法では、こんな事で検察と弁護士が主張を戦わせ、その挙句、検察主張は矛盾しているから無罪だ、と弁護士はやる。こうして、加害者と被害者のその自然的所為を全体的に観察せず、この時点で既に真実を見失っているのです。
 このことは、法律だけではなく全てについて言えることで、異性を見るときでさえ、表面的な魅力の虜となりがちです。背が高い、学歴が高い、収入が高い、ハンサムだなどといったことは、50年、60年スパンでその人間のありようを考えるとき、実につまらない、些末なことです。
 近代彫刻の父と言われるオーギュスト・ロダンは、下積み時代の装飾職人だった頃、師匠に、「葉っぱを掘るとき葉っぱが平らだと考えて掘ってはダメで、葉の先が自分に向かってくるような意識で、奥行きを捉えて彫らなきゃダメだ。」と言われてハッとしました。ロダン作品の、内面の魂、生命が外の宇宙に向かって放たれるような彫刻は、こうして生まれました。
法律家も人間つまり被告人を表面的に捉えてはならず、その奥行きを洞察して初めてその生き様が見えてくるものです。それが弁護の真髄に近づく要諦であると思うのです。

「刑事弁護」に関連する記事

オウム3死刑囚を証人尋問へ…平田被告の公判で

今日は「オウム事件」の話です。 オウム真理教の目黒公証役場事務長拉致事件などで起訴された元教団幹部・平田信まこと被告(48)の公判前整理手続きが17日,東京地裁であり,斉藤啓昭ひろあき裁判長は,井上嘉浩死刑囚(43)ら元教団幹部の死刑囚3人の証人尋問 ...

READ MORE

わが“即独”体験記

 私は,司法修習終了後に検事に任官し,退官した後は,あさひ法律事務所(現西村あさひ法律事務所)に就職したので,厳密な意味での,“即独”を経験したことはない。ところが,事務所在籍中,政治家になることを思い立ち,故郷の函館で選挙区支部長として政治活動をす ...

READ MORE

DNA型鑑定

今日は「DNA型鑑定」について考えてみます。 事件解決の鍵を握るDNA型の鑑定が飛躍的に増えていることに対応するため,警察庁が2014年3月までに,約80の試料を同時に自動鑑定できる装置を新たに6県警へ配備することが27日,分かった。警察庁は自動鑑定 ...

READ MORE

若き法曹へ

うちの事務所の若い弁護士は、私の事件を通して良く学んで下さい。 刑事弁護士の苦労はどこにあるのか、無実の人を助けるため国家権力と戦うことがどんなにしんどいことか、技術よりもパッションこそが真実に近づく近道であること、私が常に言っている「常在戦場」の意 ...

READ MORE

被害者匿名の起訴状の是非

今日は「被害者の匿名記載」について考えてみます。 強制わいせつ事件の起訴状で,東京地検が被害児童を保護するため氏名を伏せたところ,東京地裁が記載を命じていたことが13日,関係者への取材で分かった。地検は応じず,地裁と協議しているが,起訴状の不備を理由 ...

READ MORE
代表弁護士・元特捜検事 中村 勉
中村 勉 代表弁護士・元特捜検事

長年検事として刑事事件の捜査公判に携わった経験を有する弁護士と,そのスキルと精神を叩き込まれた優秀な複数の若手弁護士らで構成された刑事事件のブティックファームです。刑事事件に特化し,所内に自前の模擬法廷を備え,情状証人対策等も充実した質の高い刑事弁護サービスを提供します。

詳細はこちら
よく読まれている記事
カテゴリー